image2

審美・ホワイトニング

tooth05

審美治療について

審美歯科治療とは、顎口腔において形態・色彩・機能の面で美しさと、調和をはかり  美しい顔や口元をつくる治療のことです。
その内容には、矯正治療・ホワイトニング・セラミック等(審美的に優れた特殊な材料)での補綴、修復治療等があります。
元来、保険治療というのは機能重視であり、よく言われる銀歯(金銀パラジウム合金)による治療は我が国固有のもので、それが材料的にすぐれているわけでもなく単に保険診療で認められているから使用しているのです。最近では、材質的にも審美的にも優れた材料でつくられた人工物があり、その特徴や使用目的によって選択されています。

矯正治療

歯を削ったり、人工物に置き換えることなく歯並びやかみ合わせを整え、一番口元の印象が変わります。
 → 矯正治療のページを参照してください

CO2レーザー機器

CO2レーザー機器

ホワイトニング

歯の表面に薬剤を塗布し、光やレーザー光を照射することにより漂白作用で歯を文字どおり白くするものです。その方の歯の状態(変色歯等)や歯質により効果に差は見られ  ますが施術回数や使用する薬剤の選択でおおむね効果は得られます。(効果は永久的なものではありません。)

審美補綴治療

上記の二つは、直接歯を削ったりすることなく行う治療ですが、すでに金属等で治療済みの歯であったり、極端な変色、う蝕や外傷で歯の一部が欠損してしまった場合はその部分を修復・補填したり、完全に人工物に置き換える必要があります。また歯そのものが欠損してしまった場合も義歯やブリッジ、インプラントで代替する必要が出てきます。
その際に、歯と同じか近似した色の材料で修復・補綴することで残存している天然歯に違和感なく機能させることができます。
セラミックや合成樹脂、グラスファイバー等を使用しますがそれぞれ特徴・長所・短所がありその部位や用途に応じて選択します。
義歯の場合も、従来の保険の範囲内の義歯は目立つ金属の金具がありますが、目立ちにくいものや金具が外からは見えないようにすることも可能になってきています。
使用する材質や技工の手間等により費用もことなりますので、詳しい治療内容については受診時にご相談ください。